文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

水本 アルミカラーチェーン ゴールド AL-3G 長さ・リンク数指定カット 29.1〜30m未満 ■▼159-9008 AL-3-30C-G 1本

では、どうすればいいのでしょう。

ミドリ安全安全靴 JIS規格 H種 重作業対応 短靴 ラバーテック RTU210 ブラック26.5

ベンデイビス リュックサック EVERY DAYPACK メンズ キャメル
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【newbalance】 ニューバランス U574LG スニーカー 送料無料

 

 

ミュグレー未使用ジャケット アドーアお好きな方にも


バイキングトイズ チュビーズ タウンカー バケツセット 15個入