文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

スリーエッチ アジャスタブルチェーンスリング ACS1.5-S 1本吊り 使用荷重1.5t 有効長1.5m HHH

では、どうすればいいのでしょう。

クーポン対象外 ノベルティ ADMJ 長財布 牛革 シュリンクレザー スリム クリスタル ウォレット 14WS06006 オフホワイト/オイスターグレー/トープ

イスカル ヘリタング IC808 (T490 LNHT 080404PNR IC808) 【10個セット】 イスカルジャパン(株)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は国内発■Longchamp ■ル フローネ カードケース パスケース 名刺

 

 

ANDROID - SIMフリー オーロラブルー HUAWEI P30pro 8+256 中国版


【3個セット】C-50DP2 東芝の換気関連商品 ウェザーカバー 鋼板製,72度120度ヒューズ同梱FD付 有圧換気扇用 TOSHIBA