文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

プロチ PROCHI 3枚刃超硬スクエアEM 12MM PRC-3FSE12 [A070904]

では、どうすればいいのでしょう。

エプソン ビジネスプリンター用 環境推進トナー/6100ページ/廃トナーボックス同梱 LPB3T31V

幅110cm リビングダイニングテーブル4点セット(ヤマト2LD/リョウヒジカイテン/ベンチヒジツキ) ニトリ 『配送員設置』 『5年保証』
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はVALENTINO Valentino Garavani VLOGO フェイクストロー 中折れ帽

 

 

オオカミとフクロウ|ワンピース


SELF PORTRAIT DRESS (AW22124DK)