文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

■TRUSCO 管用平行ダイス PS1-11 SKS【4806638:0】

では、どうすればいいのでしょう。

飛沫ガードスクリーン キャスター型 高さ200cm 幅80cm

【開梱設置サービス付き】 スリムラック 本棚 おしゃれ 大容量 スリム 省スペース a4対応 隙間収納 15cm 16cm 17cm 18cm 19cm
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は新品CarLights360: For 2011 2012 2013 Jeep Compass Headlight Assembly Passenger

 

 

ニンテンドー2DS 3DS ミントホワイト


ダンシングストーンペンダント/ネックレス〔K18WG・天然ダイヤモンド0.03ct〕FTW-2137_18WGトップセラー