文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

SONY ICD-LX30デジタルメモリーボイスレコーダー 並行輸入品 並行輸入品

では、どうすればいいのでしょう。

YKKAP室内引戸 ファミット[木調タイプ] 引違い戸(3枚建) Y64:[幅2400mm×高2045mm]

Roland RP701-WH(ホワイト)【配送設置無料】
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はシルバーアクセサリー ネックレス 花のようにはじける水が心躍らせるペンダント ロジューム 母の日 プレゼント ギフト

 

 

Tory Burch - Tory Burch トリーバーチ フラットシューズ エスパドリーユ


◆◆ BVLGARI ブルガリ 自動巻き 腕時計 ギャランティあり BBL33WSSPGD 目立った傷や汚れなし