文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

DUNLOP(ダンロップ) XXIO10 レフティ 左効き用 ドライバー XXIO X ゼクシオ テン MP1000 カーボンシャフト

では、どうすればいいのでしょう。

CANON(キヤノン) 純正 インクタンク PFI-306R レッド 6663B001

Special Design Round Shape Turquoise Baguette Cut Topaz Turkish Handmade Jewelry 925 Sterling Silver Rhodium Stud Earrings
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はA-7713-6 スマートフィット プニラボ イヤホンホルダー 6 パンダ A-7713-6 リヒトラブ 4903419819774(80セット)

 

 

VISEE - 送込★3点セット ヴィセ リシェ アイカラーパレット 安室奈美恵コラボデザイン


ヴァレクストラ VALEXTRA バッグ イジィデ ミニ ISIDE MINI 2WAYハンドバッグ V5E36 028 000NOC