文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

(まとめ) トンボ鉛筆 水性カラーサインペンプレイカラー2 6色(各色1本) GCB-611 1パック 〔×30セット〕送料込み

では、どうすればいいのでしょう。

Van Raff メッシュストラップ シルバー文字盤 アナログ腕時計 メンズ VF1967 並行輸入

ローテーブル 脚カット セミオーダー 高さ65cm 60cm 55cm 幅75cm mac75-360wwcut ホワイトウォッシュ色 メラミンシート 食卓 四本脚 机 2s-1k-169 sm
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【SALE】Sea New York/Stan Jumpsuit フリルジャンプスーツ

 

 

BANDAI - スーパードラゴンボールヒーローズ bm11-sec3 孫悟空


[ノースフェイス]WINTER RUNトレーニングジャケット★新作・22AW