文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

サリー 衣装、コスチューム 大人女性用 ナイトメア・ビフォア・クリスマス プレステージ■サイズ:8-10並行輸入

では、どうすればいいのでしょう。

植生シート グリーンテックス 1×25m 金目串付き 種子肥料付き 肥料袋なし 新日本緑化 北別 共B 代引不可 個人宅配送不可

HOUSELABELS Compatible DYMO 30256 Blue Shipping Labels (2-5/16" x 4") Compa
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は♡SAINT LAURENT♡SL 521サングラス

 

 

ドライフラワー リース


(まとめ) コクヨ NC複写簿(ノーカーボン)請求書 B5タテ型 2枚複写 20行 40組 ウ-302 1冊 〔×15セット〕