文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

キッチンワゴン キッチンカウンター キャスター付き 60 日本製 完成品 大川家具 食器棚 レンジ台 スリム おしゃれ キッチン収納 送料無料

では、どうすればいいのでしょう。

画材 油絵 アクリル画用 張りキャンバス 純麻 中目細目 A1 (F,M,P)50号サイズ

【在庫あり!当日発送!】 Powerbeats Pro Totally Wirelessイヤフォン MV702PA/A ネイビー
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は猪口 盃 4個セット 銀製 /シルバー 【中古】(40549)

 

 

Balenciaga - 残り1【新品】BALENCIAGA キャッシュ 三つ折り財布 ヒョウ柄 ミニ財布


OP252692BR ペンダントライト オーデリック 照明器具 ペンダント ODELIC