文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

第一計器製作所 GRKグリセリン入圧力計 G-DU1/2-100:0.1MPA

では、どうすればいいのでしょう。

( 4?-パック) Satco s9466?9?WLED / DIR / 4?/ 90?' / 27?K / 120?V 4?%ダブルクォーテ%???45?W Equal???ジンバル調光機能付きLED Recessed 90?°指向性ダウンラ

UCOTECH イヤーバッド ヘッドフォン ES-P1 イヤホン本体 ダークグレー
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はUGG Oh Yeah Slide [Toddler] (BLACK/BLACK)

 

 

LOUIS VUITTON - 【極美品】ルイヴィトン モノグラム ポルトモネ ビエ トレゾール 折り財布 人気


Majestic Clothing / T-Shirt (AB004649)