文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

aries-sptSTAHLWILLE(スタビレー) 730N/10S ‘トルクレンチセット (20-100NM)

では、どうすればいいのでしょう。

[プチバトー] カットソー マリニエール 長袖 プルオーバー レディース A021P03 (ネイビー XS)

中古 デルフィンデルフォン Delphine Delafon バッグ ショルダ 2WAY チェーン チェック レザー マルチカラー /mm0523 レディース 【ベクトル 古着】
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は《プレゼントに最適♪》Louis Vuitton ネクタイピン モノグラム

 

 

ドローン


あすつく対応 「直送」 イスカル LNET 125508-TN IC910 その他ミーリング/チップ 【10個入】 LNET125508TNIC910 338-7381