文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

(お得セット×4) ジョインテックス 付箋/貼ってはがせるメモ (75×25mm/黄) P302JY10P

では、どうすればいいのでしょう。

ナカニシ エスパート500 コンパクトモータ(7068) ENK500C

(まとめ) TANOSEE Oリングファイル(貼り表紙) A4タテ 2穴 200枚収容 背幅40mm 青 1冊 〔×30セット〕
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は実況パワフルプロ野球9決定版 (GameCube)

 

 

一点のみ 大人気 ラウンド ストーン シンプル リング ペリドット カラー


ポリス POLICE サングラス SPL915J-583X チタン 国内正規品