文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

『代引不可』生興 SLCシューズボックス 窓付タイプ 3列4段 12人用 ダイヤル錠 SLC-M12W-D2 『返品不可』『送料無料(一部地域除く)』

では、どうすればいいのでしょう。

Vin Bouquet 681-オープナー 3 in 1 ボルドー 缶オープナー デキャップレータ コルクスクリュー プラスチック

【安心の正規販売店】地クラブ系ヘッド DOCUS DCI701 TOUR IRON ♯5〜PW 6個セット ドゥーカス
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は★送料関税込*SCOTCH&SODA*新作*ジャガード半袖シャツ/GD★

 

 

Supreme - supreme コーデュロイ シャツ キムタク Sサイズ


国内発送★PRADA★1ML506 Saffiano 長財布