文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

CARLISLE(カーライル) LHC03100 カーライル コールドマスター フードパン(1/1 CM1100)

では、どうすればいいのでしょう。

東芝 LEKD2523415N-LD9 LEDユニット交換形ダウンライト ウォールウォッシャー 高効率 中角 昼白色 調光 電源ユニット内蔵 φ150

神々の悪戯 InFinite 初回限定 夢幻の箱 (【特典】ドラマCD「共に誕生を祝 (未使用品)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はフェンディ Tシャツ 服 トップス ロゴ FF セール 人気 定番 黒

 

 

ARC'TERYX - ARC’TERYX Covert Cardigan Mサイズ


おすすめ【MAISON MARGIELA】メゾン・マルジェラ シャツ