文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

(業務用30セット) 明光商会 パウチフィルム/オフィス文具用品 MP10-6095 名刺 100枚[直送品]

では、どうすればいいのでしょう。

代引・同梱不可 イチネン ランダムサンダー PRS-001 84130

コントラクトカーテン リリカラ レース ケースメント レギュラー縫製仕様 約1.5倍ヒダ 533×180cmまで
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はスワロフスキー Swarovski 『Fortunately ペンダント』 5237980

 

 

イール コート サイズM メンズ - 黒


日本製 アクリル板 ガラス色(キャスト板) 厚み10mm 500X800mm 縮小カット1枚無料 カンナ糸面取り仕上エッジで手を切る事はありません(業務用)