文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

イスカル カットグリップ CGHN 32-4DG

では、どうすればいいのでしょう。

代引き不可 軽中量ラック 耐荷重200kgタイプ 連結 間口1800×奥行300×高さ2400mm 4段 アイボリー 4976202147361

アインツ 替刃・逆刃・ミニエアーニッパー用 EG-NW10R
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はMellanox Compatible 10GBASE-T Copper SFP+ Transceiver | 10G TX RJ-45 30m SF 並行輸入品

 

 

LOUIS VUITTON - ルイ・ヴィトン LOUIS VUITTON ポルトフォイユ・ロックミニ【中古】


marantz CDレシーバー Bluetooth・Airplay2 ワイドFM対応/ハイレゾ音源対応 ブラック M-CR612