文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

SK Hand Tool 43516 6 Point 1/4-Inch Drive Flex Socket, 1/2-Inch, Chrome by

では、どうすればいいのでしょう。

【送料無料・まとめ買い×240個セット】 スケーター 歯ブラシ 3本セット キャップ付 MARVEL ロゴ TB6ST 1個

アペックス 19型液晶テレビ A19C1B2 ブラック 日本製
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はInflatable White Swan, Children's Pool, Inflatable Portable Home Swimming P

 

 

CHANEL - 極美品 26番台 CHANEL キャビアスキン コンパクトウォレット ココマーク


佐藤産業 LAFIKA キッチンラック 食器棚 幅60cm 奥行40cm 高さ180cm ナチュラル スリム 可動棚 背面化粧 スチール取っ