文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ジャニーズJr. - 裸の少年 B盤 DVD

では、どうすればいいのでしょう。

fitbit charge3 美品 おまけつき(布バンド、フィルム)

ダイヤモンド 1粒ピアスpt 0.9ct★31日まで値下げ★
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はモトユキ グローバルソー メタルソー 400×3.0×50×4 1枚

 

 

ROYAL ALBERT - ロイヤルアルバート 希少 100周年スウィートカップソーサー 1970


即納【1秒で開く】【取り付け不要】大型プール 折り畳み バスタブ キャンプ バケツ インストール不要 簡易浴槽 収納便利 保温 家庭用 アウトドア/室内 70*66cm