文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Intex Supply 6414-10-TS 10 lbs. White Washed & Bleached Rag by INTEX

では、どうすればいいのでしょう。

バーコ バイメタルマシンソー 350X38X2.00mm 6山 3809350382.0010 10枚

ペア ピアス プレート ブルートパーズ(青) 18kホワイトゴールド 11月の誕生石 キャッチ付 大サイズ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は送料込【Alo Yoga】リブ付き トップス 半袖

 

 

CHANEL - CHANEL シャネル ペンシル香水 CHANCE フレグランス


ソリッド925スターリングシルバーメンズ8.9 mmフラットアンカーマリナーチェーンネックレス-安全なロブスターロッククラスクラスEscape 26%ヴォールゼ付き