文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【C-100S1】 《KJK》 東芝 別売部品 空調換気扇用 ウェザーカバー ωβ0

では、どうすればいいのでしょう。

ASH 片口めがねレンチ77mm (1丁) 品番:RS0077

トライアンフ パーカー TRIUMPH Twin Power 正規品
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はTRUSCO ブルーシートα2500寸法9.0mX9.0m BSA25-9090 (415-4631) ※写真は代表画像です

 

 

Herve Chapelier - 激レア!新品 ダブルハンドル!エルベシャプリエ 707GP ブラン×ネイビー


セットアップ レデース スーツ 春 スーツパンツ 韓国 2点セット ガウチョパンツ ジャケット チェック パンツドレス 通勤 OL お洒落 着痩せ 上品 30代 40代