文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Santoni - サントーニ MBBO21315PAVXUDRZ41 レザーローカットスニーカー メンズ UK11

では、どうすればいいのでしょう。

Levi's - 再構築 Levis JORDAN オーバー サイズ ドッキング パンツ

PlayStation Vita - psvita PCH-2000 ブラック
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はAZV7703 Muranoムラノ インダクション IH対応18-8寸胴鍋(蓋無) 24cm

 

 

APPLEBUM - applebum セットアップ


馬印 MR series(エムアールシリーズ)壁掛 予定表(カレンダー)ホワイトボード W910×H610mm MR23W