文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Charlotte 3点セット プレウォッシュ加工 コットンリネン 羽毛布団カバーセット ? ソフトで通気性のある掛け布団カバーと枕カバーセット キン

では、どうすればいいのでしょう。

エスコ/ESCO 1.0-13mm ドリルセット(25本組/TinCo-HSS) EA824BE-25

ビラボン メンズ 水着 FIFTY50 PANEL PRO 18 - Swimming shorts - coastal
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はセール!ROCKSTUD SPIKE ショルダーバッグ★VALENTINO

 

 

Takara Tomy - ブライス トップショップ限定 ジェーンレフロイ


MOBILE SUIT ENSEMBLE EX18 ガンダムDX&Gファルコン マーキングプラスセット◆新品Ss