文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

シンコー 吊下棚1段 パイプ 幅1200×奥行240×高さ286 (JP-12025)/送料無料

では、どうすればいいのでしょう。

ds-2214813 (まとめ)北越コーポレーション 紀州の色上質菊四(317×468mm)T目 特厚口 桃 1セット(50枚)【×3セット】 (ds2214813)

ダイニングセット 2人 3点セット 北欧 シンプル ナチュラル おしゃれ コンパクト 省スペース 一人暮らし カップル 作業机 木製 Salute サルーテ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はロエベ ストラッピー エスパドリーユサンダル

 

 

恐竜柄コップ袋 お弁当袋 ランチョンマット


国内発送★ THE NORTH FACE ロゴ フリース スウェット 関税込み