文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

The HomeCentric クッションカバー サテン 30x30 cm フクシアピンク - Vintage Fuchsia

では、どうすればいいのでしょう。

TOYOTA (トヨタ) 純正部品 エンジンアンダ カバー NO.2 ハチロク 品番SU003-04761

10mm 黒蝶 真珠 リング K18WG ホワイトゴールド レディース NB00010R23DG0D01W0
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は直営店買付 ■BURBERRY■ チェック&レザー クロスボディバッグ

 

 

Snow Peak - 新品 スノーピーク エントリー2ルーム エルフィールド TP-880R


東谷 AZUMAYA ロック スチール チェスト S 幅:30.5×奥行:38.5×高さ:60cm TPN-40 IV TPN-40IV