文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【関税送料込】ELEPHANT ポーチバッグ LOEWE (ロエベ)

では、どうすればいいのでしょう。

HORN GARMENT☆South Classic Golf GL Sneaker すぐ届く

VIP顧客セール!┃TOPセラー賞┃PRADA┃1N1422_レオパードポーチ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はZOTAC GeForce RTX 2060 AMP Edition

 

 

壁掛け時計 掛け時計 かけ時計 時計 とけい 壁飾り ウォールクロック ドーム 静音 壁掛 時計 プレゼント 北欧芸術風 b43


★人気【Samantha Vega】ホリデーコレクションBOX型ショルダー