文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

925スターリングシルバー レバーバックピアス レディース | リーバーバックビーズイヤリング | ボールビーズイヤリング | レディース | 6mm

では、どうすればいいのでしょう。

【全てメーカー純正部品使用】 シャフト PING G425/G410 純正 スリーブ装着 グラマン シグネチャーシリーズ S95 FW

ミリタリージャケット メンズ ジャケット ブルゾン 厚手 裏起毛 暖 フード付き 防寒 ミリタリー 秋冬
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はENDOブラケット[E11][オフホワイト][ランプ別売]ERB6330W

 

 

BABYLONE - Wasted Youth BABYLONE バビロン コラボパーカー パーカー


Zodax 長さ18.5インチ 長方形サービング アンティークゴールド&シルバートレイ シルバーゴールド 好評販売中