文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

フロアひな壇什器 W415×D314×H1335mm

では、どうすればいいのでしょう。

本間ゴルフ HONMA 2020年 D1 キャディバッグ CB-12114 (イエロー)

BZB Goods 7 Foot Halloween Inflatable Skeletons Ghosts on Pirate Ship Light
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はエルメス ブルーダイユール スープ皿 21cm スープボウル 深皿

 

 

ダイヤモンド1ct☆チョーカー☆ネックレス☆ハイジュエリー


CELINE◆16 フーディ コットンフリース