文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

サンワサプライ カテゴリ6ALANケーブル KB-T6ATS-30BL

では、どうすればいいのでしょう。

【代引不可】 カネミツ JIS Vプーリ呼び径165B形4本掛 【JIS165XB4】

Cocoon MCP3405BK Buena Vista 16インチ スリム XS バックパック 内蔵グリッドIT!アクセサリーオーガナイザー(ブラッ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【LOEWE】トリコロール トラウザーズ(デニム)

 

 

CHANEL - ♠️シャネルCHANEL♠️チェーンバック


三巾天竺和晒 純綿 110cm巾 (110cm巾x36M反物)