文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ねんどろいど 劇場版FateGrand Order 神聖円卓領域キャメロット ベディヴィエール ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

では、どうすればいいのでしょう。

キルトセット 3点セット 特大 クイーン (100インチ x 95インチ) マイクロミンク ベルベット ベッドスプレッド ベッドカバー 上質なプリント 並行輸入品

東谷 OLC-627BR ブラウン フォールディングキャビネット3D メーカー直送
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はAMIRI バーシティジャケット/テクスチャード ウール ブレンド/茶

 

 

ホンダ - NSR250 HRC SPユニット リミッターカット


一般額(デッサン額) DL アクリル付 /額縁内寸法:665×786(水彩F15)/大型A 時間指定・日祝配送不可