文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

同梱・代引き不可 ワンタッチ 長3 85G 100枚入 10セット PNO-138

では、どうすればいいのでしょう。

TRUSCO SUS304長靴ロッカー ロングタイプ中棚付 4列3段 ■▼856-3657 SLNG-12-43T 1台

スツール ハイスツール 椅子 背もたれなし チェア カウンタースツール スチール レザー 合皮 インダストリアル
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【送料関税込】希少お早めに!TOMMY×PATTAコラボ☆フーディー

 

 

Ameri VINTAGE - RIDERS DETAIL COAT


綿薄手脇下マチ付き 空調服(KU91900)/作業着 〔ファンカラー:グレー シルバー 5L〕 リチウムバッテリー(LIPRO2)セット(メーカー取寄商品