文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

SWANK スワンク 新幹線 0系 カフス ネクタイピン セット カフスボタン カフリンクス タイバー タイクリップ

では、どうすればいいのでしょう。

TRUSCO メッキ付ワイヤロープ PVC被覆タイプ Φ3(5)mmX200m (CWP-3S200) トラスコ中山(株)

(まとめ)川西工業 不織布つなぎ服防じんタイプ #7017 Mサイズ(×50)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はボッテガ ヴェネタ 二つ折り 財布 ボッテガ ヴェネタ二つ折り 財布 レディース メンズ ミニ財布 BOTTEGA VENETA 中古 C3965

 

 

CHANEL - ❤︎ホイップクリーム様専用❤︎


アシックス 安全靴 1273A028 CP307 300 25.0cm